ダイエットを始める前の目標設定と期間設定

ダイエットを始める前の目標設定と期間設定 ダイエット
ダイエットを始める前の目標設定と期間設定

Training Column

 ダイエット
2022-01-03 20:13:13

ダイエットを始める前の目標設定と期間設定

いつもホームページをご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

千葉県佐倉市、安心個室のパーソナルトレーニングジムSOLUNAのチーフトレーナーの吉田です。

ダイエットを始めて痩せるぞ!

今まではダイエットに失敗してたけど、今度こそは本気で頑張る!

もうそろそろ本気でダイエットしたい!

初めての方も、何度かされている方も、毎回本気でやっているつもりが、思うようにもいかずに失敗に終わる経験をされている方も少なくないはずです。

頭ではわかっていても、トレーニングや食事制限は辛くてなかなか続かないですよね。

でも今度こそは本気だ!っと思っていても今まで通りのダイエットをしてもまた失敗してしまう可能性があります。

このコラムを読んでみて、今度こそは!っと思っていただいた方にまずやってもらいたいことがあります。

・まず自分の目標を決める

・その目標をいつまでに達成するのか期限を決める

上記の2つをダイエット前に決めておくのが重要になります。

なんとなく太ったから痩せたい。

ウエストとヒップのラインをスマートに見せたいから痩せたい。

なんとなく痩せたいと思っていてもゴールが見えず、いつまで経ってもダイエットが終わりません。

この目標と期限を決める事で、ある程度のゴールを決めることにより、達成感を得られるので、更にモチベーションが上がって、また新しい目標も見えてきます。

ダイエットを始める前の目標設定と期間設定

1、まずやるべき目標設定

ダイエットを始める前に、ダイエットは短期間では成功しない!っと頭に入れておいて下さい。

ダイエットは1日や2日なら頑張れるけど、1・2ヶ月続けるとなると途中で挫折や断念してしまうことが多いです。

挫折や断念してしまうのにはいくつか理由があると思われます。

・まず明確な目標がなく、ただ痩せたいと思っているだけ

・いつまでに痩せるのか、痩せたいのか期間を決めず、体重だけを気にしている

もし今回は本気でダイエットしようと思っている方なら、食事制限や筋トレよりも先にやるべきことが他にあるかもしれません。

2、数字で目標設定をする

・ただ痩せたいからダイエットをする

・お腹が気になるから引っ込めたい

・太ももやアウトラインが気になる

このような漠然とした目標でダイエットを成功できる方は少ないです。

この目標では達成感を得るのが難しく、ダイエットは辛いものになってしまいます。

(例)

痩せたい5kg痩せる

お腹を引っ込めたいウエスト5㎝

太ももやアウトラインが気になる太もも3㎝

このように具体的に数字を決めてダイエットを進めていくことにより、ここに行くまでの道のり、辿り着いた時の達成感は、漠然とした目標設定よりも雲泥の差になります。

ゴールの見えないマラソンは想像するだけでも辛いですよね?

目標をしっかり決めてゴールの見えた状態でダイエットをすると、自分がいつまで走り続ければ良いのかがわかります。

本気でダイエットするためにはまず目標を決めることから始めて見ましょう!

3、期間を決める

目標が決まったら次はその目標を、いつまでに達成するのか期間を決めましょう。

何kg痩せるという目標があったとしても、期間を決めないと思うように本気になれません。

「とりあえず頑張って5kg痩せる」

よりも、

「3ヶ月で5kg痩せる」

の方がダイエットもイメージし易いですよね。

ダイエットは継続することが一番重要なんです。

期間をしっかり設定して、その期間だけでも頑張れば良いんだと、自分に言い聞かせて頑張りましょう。

4、食事制限をしなければダイエットは進まない

目標と期間が決まれば、後はどのようにダイエットを進めていくかを決めるだけです。

ダイエットするには食事制限は避けては通れません。

身体は正直なもので1日の消費するカロリーよりも、1日に摂取するカロリーが多ければ太ります。

逆に摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多ければ痩せます。

消費カロリー<摂取カロリー=太る

消費カロリー>摂取カロリー=痩せる

痩せるためには摂取カロリーを消費カロリーより抑える必要があります。

食事制限はしないで、消費カロリーを増やして運動量を増やして痩せたい人もいらっしゃいますよね。

食事制限をせずに消費カロリーを増やしてダイエットするのは現実的ではありません。

時間と体力がある場合、若くて活動代謝・新陳代謝が激しいなど、余程の体力自慢でもない限りは、お仕事をしていたり主婦で家事があると毎日毎日消費カロリーを増やすと言っても限度がありますね。

ダイエットしたいのなら食事制限はまず頭に入れておきましょう。

5、トレーニングを取り入れて活動代謝アップ

トレーニングは代謝を上げてくれるため、ダイエットを行う際には最適です。

さらにトレーニング後に有酸素運動を行うことで、脂肪が燃焼されやすくなります。

トレーニングをすると成長ホルモンと言われている、脂肪分解をしてくれるホルモンが分泌されます。

脂肪は分解されただけでは燃焼することが出来ないので、有酸素運動で燃やす必要があります。

有酸素運動をして体を動かして、脂肪を分解し、体を動かす燃料として燃やす!イメージですね。

順番とするならば、トレーニング後の有酸素運動が理想で、トレーニングを行い成長ホルモンを分泌させて有酸素運動に生かす、トレーニング前に有酸素運動を行うと体力切れ・燃料切れも考えられる、などがあり注意しなければいけません。

6、トレーニングを頑張っても腕も脚も太くならない

多くの女性は走ったり、筋トレをすると筋肉がついて太くなってしまうのでは?と心配されますよね。

これはもともとの体質にもよるかもしれませんが、男性の場合はホルモンの関係で筋肉がつきやすいのですが、女性は違います。

ここでは簡単につきやすいと説明しますが、余程頑張らない限りは、男性でも筋肉はつきません。

ただ普段の環境や姿勢などにより、その人独特の得意とするパーツがあるのも事実だと思います。

特に女性の場合だと太もものアウトラインが気になる方もいると思います。

これは今までに育ってきた環境によるものも多いと思います。

膝が内に入りやすく、ニーインしやすい。

若い頃にバレーボールやバスケットボールでジャンプをするような行動をよくしていたなど。

個人差はありますが、気になる程太くなることはありませんので、安心してトレーニングを行ってください。

むしろ頑張って無駄な脂肪を燃やす方に、頭を向けましょう。

7、有酸素運動で脂肪を燃やす

脂肪を燃やすには有酸素運動がもっとも効果的です。

今まで運動をあまりしてこなかった人が急に走り始めてしまうと、膝や腰などを痛めてしまうことが多いです。

最初は簡単なウォーキングなどの軽い運動から始めて、慣れてきたらジョギングやランニングを行うようにしましょう。

まとめ

本気でダイエットするぞ!

と意気込んでも、思うようにいかなかった人も

・数字で目標を決める

・ダイエットの期間を決める

この2つを最初に決めるだけで、ダイエットの成功に向かって頑張れるようになります。

あとは食事制限とトレーニング、有酸素運動をその期間だけ頑張るだけです!

今回のコラムが少しでも皆様の身体作りに参考になって頂けたらとても嬉しいです。

これからも皆さまの身体作りに参考になる事も書いて行きたいと思いますのでお付き合いよろしくお願いいたします!

千葉県佐倉市ユーカリが丘パーソナルトレーニングジムSOLUNAではお客様ひとりひとりに合った食事プラン、ダイエット中の過ごし方をご提案させていただきます。

私達と自分史上最高の身体を手に入れませんか?皆様のご来店を心よりお待ちしております!!