下半身太りの改善・原因を解説

下半身太りの改善・原因を解説 ダイエット
下半身太りの改善・原因を解説

Training Column

 ダイエット
2021-12-20 17:18:39

下半身太りの改善・原因を解説

いつもホームページをご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

千葉県佐倉市、安心個室のパーソナルトレーニングジムSOLUNAのチーフトレーナーの吉田です。

「上半身はあまり気にはならない程度なのに、なんで下半身はこんなに痩せないの?」

「スッキリした下半身を手に入れたい!」

「1日の仕事を終えたあとの、下半身の浮腫みが。」

と考えている女性や、お悩みを抱えている女性は少なくないはずです。

そこで今回のコラムでは、下半身をスッキリ・スリムに改善する方法を徹底解説します。

冷えや浮腫みの事などの根本的な問題を改善する方法も紹介していきますので、ご自身のお体にお悩みの方は是非最後までお付き合い下さい。

下半身太りの改善・原因を解説

1、上半身に比べて下半身がなかなか痩せない原因

「頑張ってダイエットに取り組んでいるのに、下半身だけがなかなか痩せない」とお悩みの方はいらっしゃいますよね。

下半身太りの原因は、実は脂肪の蓄積だけではないのです。

ここからは下半身がスッキリしない原因を解説していきたいと思います。

・浮腫み

長時間のデスクワーク、長時間での同じ姿勢で座り仕事をしている方は、仕事帰りに浮腫みで脚がパンパンになる経験もあることでしょう。

そのまま浮腫みを解消せずに、ほったらかしにしてしまうと、慢性的な下半身太りに繋がる危険性があります。

また塩分を摂り過ぎたり、塩分が多い食べ物が好きな方、飲み物を飲む時はいつも決まって冷たい飲み物で喉を潤す方は、体内における水分代謝が滞って浮腫みがちになります。

・身体の冷え

身体の冷えはダイエットおいて、良くない事が多いです。

身体が冷えることで、リンパや血液の流れが悪くなり、浮腫みの原因になってしまったり、脂肪がつきやすくなったりします。

冷たい飲み物をよく飲む方は、知らず知らずのうちに身体が芯から冷えている可能性があります。

・筋肉量が少ない方

もともとあまりトレーニングなども取り組んでおらず、筋量が少ない方は下半身のラインがぼんやりしがちです。

基本的な筋肉量が少なければ基礎代謝も勿論低い為、下半身だけでなく全体的に痩せにくくなります。

また体重の割に下半身が太っていると感じる方も、その基本的な筋肉量の少なさが原因かもしれません。

例えば同じ体重だったとしても、筋肉がきちんとついていて、日々トレーニングを心掛け体を動かしている方はメリハリのあるボディラインをしています。

・姿勢の悪さ

姿勢が悪い方は、下半身が痩せない原因の1つです。

姿勢の悪さから身体や骨盤に歪みが生じると、下半身の血行が悪くなり、痩せにくくなってしまいます。

この様に様々な原因が下半身太りの原因だったりします。

2、下半身が痩せる為の方法

冷えや浮腫みを改善しよう!

まずは冷えや浮腫みを解消する方法を紹介します。

・ストレッチ

ストレッチで筋肉を伸ばすと、血行が促進され、身体が温まります。

ふくらはぎは、下半身の血液を心臓に送り返す「ポンプ」のような役割をしています。

ふくらはぎの浮腫みを解消することで、血の巡りの改善が期待できます。

・塩分を摂り過ぎに注意

塩分の摂りすぎは、身体が浮腫む大きな原因の1つです。

塩分が体内で多くなると、身体は水分をため込んで、塩分濃度を一定に保とうとするのです。

浮腫み解消のためには、普段の食事で塩分を控えてみましょう。

例えば、お酢やレモンなどの酸味、出汁の旨味、ハーブ・スパイスなどをうまく使えば、塩分控えめでも満足感のある食事になります。

塩分を控えるだけでなく、塩分の排出を助けるカリウムをしっかり摂るのも大切です。

カリウムは、きゅうりや冬瓜、すいか、バナナや柿、あずきなどに多く含まれています。

・身体を温めるものを摂取する

いつも身体が冷えている方は、内側から身体を温めてあげましょう。

身体を温める効果がある食材を、食事のなかに取り入れてみてください。

具体的には、にんじんやごぼうなどの根菜、お漬物や納豆、みそ、キムチなどの発酵食品を普段から積極的に食べましょう。

唐辛子やしょうが、にんにく、玉ねぎもオススメですね。

・定期的に身体を動かす

仕事中、ずっと同じ姿勢を続けていませんか?冷えやむくみを解消するには、定期的に身体を動かすことが大切です。

例えば、デスクワークの方は休憩のたびに立ち上がって周囲を歩いてみてください。

身体に血が巡り、むくみ・冷え予防になるだけでなく、頭はスッキリ、心もリフレッシュします。

3、筋肉をつける

筋肉をつけるのも、下半身を痩せるためには大切なプロセスです。

筋肉を鍛えるための方法を紹介します。

・筋トレ

下半身は筋肉量が1番多い部位になります。

ここを効率良くトレーニングしていく事により、代謝もアップして、ダイエットを促進します。

まずはスクワットなど、下半身だけでなく身体全体を動かすトレーニングがオススメになります。

最初からバーベルを担ぐようなスクワットをする必要はないので、自重で行えるエクササイズからスタートしましょう。

・有酸素運動

有酸素運動を行なうと、効率よく脂肪を燃焼させつつ、適度に筋肉を鍛えられます。

ウォーキングやジョギングのほか、サイクリングも下半身に効果的です。

運動後に少し息が上がり、酸素が必要なくらいのスピードが有酸素運動です。

しかし、運動に慣れていたとしても無理は禁物です。

まずはゆっくりしたペースで構わないため、意識して運動を習慣化できるよう、コツコツ取り組んでください。

4。姿勢を正す

姿勢を正しく整える方法です。

身体の歪みを改善して、スッキリした下半身を手に入れましょう。

・姿勢を正すためのストレッチ

姿勢改善のためには、筋肉をじっくり伸ばすストレッチがオススメです。

・正しい歩き方

歩き方が整っていないと、下半身が太って見え、さらに身体が歪んでしまうこともあります。

すらっと見える、美しく健康的な歩き方を身につけましょう。

【歩き方】

あごを引き、耳・肩・骨盤・くるぶしが地面と垂直のライン上に並ぶようにまっすぐ立つ、

上半身をまっすぐ保ったまま、足の親指で地面を蹴るように踏み出し、かかとから着地する

膝はなるべく伸ばして、股関節から足を出すように、大きな歩幅で歩く。

正しい座り方

スッキリした下半身を目指すなら、座る姿勢にも気をつけましょう。

【座り方】

骨盤を立て、坐骨が座面に当たるような意識で、椅子の真ん中あたりに座る。

あごを軽く引き、真上から頭を引っ張られているようなイメージで、頭頂部から腰までを一直線にキープ、ひざとかかとが閉じた状態を保つ。

なかには「無意識のうちに足を組んでしまう」という方もいるかもしれませんが、できる限り避けるよう心がけましょう。

足を組んで座ることで徐々に骨盤が歪み、下半身が太る原因にもなります。

まとめ

今回のコラムは下半身太りを改善・原因について解説してきました。

いかがでしたか?普段から気をつけたい、浮腫みや冷えの対策、筋力トレーニング、日々の食事摂取、姿勢などについて、解説させていただきました。

下半身痩せの為に、軽めの運動やストレッチだけをするのもいいですが、「本当に効果がしっかり出るかな?」と気になりますよね。

出来れば、トレーニングジムなどを併用できれば良いですね。

トレーニングジムには、身体を鍛えるマシンが数多くあります。

スタッフの方に相談して、正しい方法でマシンを使い、健康的な身体を作っていきましょう!

食事も外食ばかりになり過ぎてしまう傾向のある方は、気をつけましょう。

外食になると以外と塩分が多く入っている為、適度に自炊を心がけてもらいたいです。

今回のコラムが少しでも皆様の身体作りの参考になって頂けたらとても嬉しいです。

これからも皆さまの身体作りに参考になる事も書いて行きたいと思いますのでお付き合いよろしくお願いいたします!

千葉県佐倉市ユーカリが丘パーソナルトレーニングジムSOLUNAではお客様ひとりひとりに合った食事プラン、ダイエット中の過ごし方をご提案させていただきます。

私達と自分史上最高の身体を手に入れませんか?皆様のご来店を心よりお待ちしております!!