ダイエット中の食事摂取ポイント

ダイエット中の食事摂取ポイント ダイエット
ダイエット中の食事摂取ポイント

Training Column

 ダイエット
2021-12-16 20:48:41

ダイエット中の食事摂取ポイント

いつもホームページをご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

千葉県佐倉市、安心個室のパーソナルトレーニングジムSOLUNAのチーフトレーナーの吉田です。

今回のコラムでは、ダイエットの期間中の食事に関していくつかご紹介していきたいと思います。

「最近はトレーニングを頑張ってるから、食べても大丈夫でしょ」

「家族みんなでの食卓だと、ついついいつも食べ過ぎてしまう」

こんか事を、よく耳にします。

ここではダイエット中の食事の摂り方や気をつけておきたいポイントなどを紹介していきたいと思います。

ダイエット中の食事摂取ポイント

1、適正なカロリーを摂取する

頑張ってトレーニングや運動をしていても、消費カロリーより摂取カロリーが多ければ、痩せることが難しくなります。

年齢、性別、体重、運動量に応じた適正なカロリー摂取を心がけましょう。

例えば、摂取カロリーをコントロールするためには、以下の事を取り入れるのが効果的です。

・脂っこい物や揚げ物を避ける

・ご飯の量を減らす

・低カロリー、低脂質で売られているドレッシングやソース、マヨネーズのものに変える

・間食を減らす

・意識してカロリー表示をチェックするように

・栄養バランスの良い食事を心がける

ダイエット中の食事には、いつも以上に食事の栄養バランスに気をつけましょう。

特に大切なのは、たんぱく質やビタミン・ミネラル類です。

たんぱく質は、筋肉の材料となる大切な栄養素です。

筋肉が減ると代謝が落ちて痩せにくくなるため、積極的に摂取していく事を心がけましょう。

また、たんぱく質やビタミン・ミネラル類が不足すると、エネルギー代謝がスムーズに行なわれなくなり、脂肪が蓄積しやすくなります。

脂っこい物や揚げ物などを減らし、ゆで卵やナッツ類、ササミや鶏ムネ肉など脂肪分の少ない肉類、サラダなどを追加して品数を増やしましょう。

そうすれば、栄養バランスが良くなると同時に満腹感も得やすくなります。

日頃使う食用油を、美容・健康効果の高いオメガ3を多く含むもの(えごま油やアマニ油)におきかえるのもオススメです。

健康的なダイエットを成功させるために、バランスの良い食事をしっかり摂りましょう。

2、食べる順番を工夫する

食事をして血糖値が上昇すると、インスリンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

このインスリンには、血液中の糖分を脂肪に変えて体内に蓄積する働きがあります。

血糖値の上昇が緩やかであれば、インスリンの分泌量が急激に増えることはありません。

しかし、血糖値が急激に上昇するとインスリンが大量に分泌されてしまい、多くの糖分が脂肪に変えられてしまいます。

その為、ダイエットしたい場合は食べる順番を工夫して、血糖値の急激な上昇を抑えましょう。

血糖値の上昇を抑えるためには、以下の順番で食べるのがおすすめです。

・野菜、サラダ

・スープ、味噌汁など汁物

・肉や魚などのおかず

・ご飯

キノコ類や海藻などの食物繊維の多いものを、野菜と同じタイミングで食べるのも良い方法です。

3、いろいろなダイエット方法

次は、多くの方が実践されているダイエット方法をいくつか紹介します。

メリットだけではなくデメリットにも触れているので、興味のある方は参考にしてみてください。

・レコーディングダイエット

【メリット】

レコーディングダイエットは、口にしたものすべてを記録するだけのダイエットです。

食べすぎや栄養の偏りに気付きやすくなり、自然と食事に対する意識が高まります。

また、食生活を見直せば、満足度の高い食事や痩せやすい食事もわかり、効率良くダイエットが進みます。

【デメリット】

ただし、記録するのが面倒になると食事の内容がいい加減になりがちです。

記録を書くこと自体がストレスになる場合は、無理をしないようにしましょう。

・置き換えダイエット

【メリット】

一日の食事のうち、12食をダイエット食品に置き換えてカロリーを抑える方法です。

【デメリット】

手軽にできる方法ですが、カロリーの摂取量が少なすぎたり、十分な栄養素が摂取できなかったりすると、ダイエット終了後にリバウンドする可能性があります。

あくまで補助的な方法として取り入れるようにしましょう。

・炭水化物制限ダイエット

【メリット】

ご飯やパンなどの炭水化物の摂取を控えるダイエットです。

炭水化物を減らす代わりにたんぱく質をしっかりとり、良質のオイルでエネルギーを補うと、ストレスが少なくなり続けやすくなります。

【デメリット】

しかし炭水化物に含まれる糖質は、脳のエネルギー源となる大切な栄養素です。

極端に制限すると体調を崩す可能性があるため、注意してください。

まとめ

今回はダイエット中の食事摂取のポイントででした。

まずは摂取カロリーに目を向ける、次に食べる順番を工夫してみる、あとはダイエット方法など、自分が食べたものを記録してみたり、食べてる内容を置き換えてみたり工夫をする。

一つ一つの小さな積み重ねがダイエットの鍵になってきます。

まずは無理なく続けていく事が1番大切なんです。

ダイエットは方法を間違えてしまうと健康を損なう恐れがあります。

せっかく覚悟を決めて取り組むならば、健康的に痩せたいですよね。

例えば、極端な食事制限をして短期間で急激に体重を落とすと、筋肉が減って基礎代謝量が落ち、痩せにくく太りやすい体質になってしまいます。

また無理なダイエットで骨量が減ると、年齢に関係なく骨粗しょう症のリスクが高まります。

過激なダイエットは、拒食症や貧血、ホルモンバランスの異常などを引き起こすこともあるため、とても危険です。

ダイエットをする際には、本当にダイエットが必要かどうかをまず考えてみてください。

そしてダイエットが必要な場合は、短期間で急激な体重変化を求めるのではなく、ゆっくりと健康的に痩せることを目指しましょう。

せっかく痩せても、ダイエットの影響で肌や髪の毛がボロボロになり、女性らしいボディラインが失われてしまうのは避けたいものです。

数字にこだわるのではなく、トータル的な美しさに目を向け、理想の自分を手に入れましょう。

上手にダイエットをすれば、理想のボディを手に入れることは可能です。

無理なく続けていけるダイエットを心がけましょうね。

今回のコラムが少しでも皆様の身体作りに参考になって頂けたらとても嬉しいです。

これからも皆さまの身体作りに参考になる事も書いて行きたいと思いますのでお付き合いよろしくお願いいたします!

千葉県佐倉市ユーカリが丘パーソナルトレーニングジムSOLUNAではお客様ひとりひとりに合った食事プラン、ダイエット中の過ごし方をご提案させていただきます。

私達と自分史上最高の身体を手に入れませんか?皆様のご来店を心よりお待ちしております!!